月別アーカイブ: 2014年12月

羊飼いの携帯椅子

s_CIMG1337

羊飼いが一休みする時に使っていた携帯折りたたみ椅子です。
背板の顔は、羊のつもりでしょうがネコにも見えますね。
自然から産みだされた健康で素朴な美があります。
玄関の土間、家事の休憩時、アウトドアーの携帯用椅子、花台に使っても面白いです。
詳しくはネットショッピングをご覧になってください。

神父様と聖堂

降誕祭の祈祷が終わり、信者が順番に神父様の十字架に接吻。
聖堂は、ドーム型で聖歌隊のハーモニーが美しく響き飾られている
イコンも明治時代からの素晴らしい聖像です。平安な気持ちに還ります。

s_IMG_0701

看板記念日

「看板なんていらないわ」なんて生意気してましたが、お店のお知らせは
必要かな、、と思い直し、近くの看板屋さんに作って貰いました。
オリーブの木と石を積み上げて完成です。
土を入れながら、このオリーブが大きくなるまで続けたいなあ・・って。
只今61歳なんで、これはまさに実感です。(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-

s_IMG_0637

チベット箪笥(西藏柜)

中国広州の家具工場で、注文製造していただいた箪笥です。
チベット人が生活の中で、実際に使っていた箪笥を再現してもらいました。
エンジがかった赤と独特のチベット模様、、その美しさに魅了されました。
扉を開けるとたっぷりの収納スペースになっています。
幅93cm 奥行28cm 高さ76cm
来週、ネットショッピングでご紹介させて頂きます。

s_IMG_0622 (3)

チベット犬の毛皮敷きもの

IMG_0539.JPG

ネットで世界の上手物や下手物、高価な物や安価な物を
お買い求めできる時代です。
その中で、「HARITENA」は、世界の珍しい手作り品をご紹介したいと
思ってます。「チベット犬」の敷物は、九塞溝に向かう途中、
標高4000mの休憩場所の露店で巡り合いました。
「チベット犬」は、中国でも希少で、主にイギリスの貴族達に人気で
高価(約500万円)で売買されてるそうです。
訪れた日がシーズン店終いの日とあって、最後の2枚を知人と値切って値切って
買ってきました。大きさは、セントバーナード位あり、顔は熊と狼を足して
2で割った感じです。敷物の大きさは、約180㎝×75㎝。
存在感、抜群です。敷物やソファー掛け、壁などに飾っては如何でしょうか。
ご興味のある方はinfo@haritena.net までお問い合わせ下さい。

稚児箪笥とアジラル・ラグ

写真奥の箪笥は、61年前のものです。
昭和28年10月私が生まれた時、祖母(母方)がお祝いに箪笥を
しつらえて産着や肌着を収めてもってきてくれました。

丸々太った稚児やダルマさんの絵も可愛く、金具も昭和の雰囲気が漂っていて
大切な思い出の品として今も使っています。
祖母は、嫁ぎ先の母の苦労を陰ながらいつも見守っていました。
明治の女性は、けじめをしっかりと心得ていますね。
私も娘のお産の際には、同じように贈りたいと心待ちしていますが
さて、いつのことになりますやら・・
稚児箪笥に合わせて、アジラル・ラグを敷いてみました。

s_IMG_0610