カテゴリー別アーカイブ: 日々つれづれ

s_IMG_1339

s_IMG_1344

s_FullSizeRender (3)

s_IMG_1359

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モダンデザイナーのイームズ夫妻のリビングは、私に新しいインテリアのアイデアを授けてくれます。
旅先や骨董市で見つけた上手物や下手物が、混在してこまごまと置かれてます。
センス溢れる*散らかしの美*
知的で楽しい遊び心は、空間を豊かにしてくれます。
部屋の角の随所に花をアクセントに置くと、にぎやかで楽しいですね。

 

アジアン・モロッコ・チベット~こだわりの雑貨店~

HARITENA~ハリテナ~
〒443-0042 愛知県蒲郡市御幸町1-16
アルプスホーム1-C
どすごいブログ好評掲載中♪

これからも宜しくお願いします

ハリテナも4月で半年過ぎました。
たくさんの経験と勉強をさせて頂きました。
これからもよろしくお願いします。

友人の由美ちゃんが遊びにきてくれました。
ベルベル族の小箱をお買い上げ、、有難うございました。

綺麗な手刺繍のマルチカバーを新しくご紹介させて頂きます
s_IMG_0799s_MA015-As_CIMG1392

アジアン・モロッコ・チベット~こだわりの雑貨店~

HARITENA~ハリテナ~
〒443-0042 愛知県蒲郡市御幸町1-16
アルプスホーム1-C
どすごいブログ好評掲載中♪

春節

s_譏・遽€
中国の友人から「春節」を祝うメールが届きました。
今日は、赤い色の服を着て、親戚・友人を訪ねます。
みかんを2個(偶数は縁起が良い)持参して(みかんは金の代わり)
相手方に渡します。
挨拶は「恭喜発財」(おめでとう!お金が貯まりますように)・・
帰りの際には、相手方より同じようにしてみかんをもらってきます。
さすが中国、新年からの気合いが違います。(笑)

 

 

アジアン・モロッコ・チベット~こだわりの雑貨店~

HARITENA~ハリテナ~
〒443-0042 愛知県蒲郡市御幸町1-16
アルプスホーム1-C
どすごいブログはじめました♪

巻雛

s_IMG_0871
節分が過ぎ、床の間に巻雛を飾りました。
京都の巻雛で、数十年前のものです。
子供の頃は母が五段飾りのお雛様を飾ってくれていました。
上段には豪華な御殿を組み立てて、右にはお内裏様、左にはお雛様が
仲良く正座していました。
三人官女に五人囃子、菱餅やあられにボンボリ・・
「ひな祭り」の歌そのものでした。
ひな祭りが過ぎる頃、母は早々に終いながら「いつまでも飾ってるとお嫁にいけないんだよ」
と毎年決まって言っていたことを思い出します。

 

アジアン・モロッコ・チベット~こだわりの雑貨店~

HARITENA~ハリテナ~
〒443-0042 愛知県蒲郡市御幸町1-16
アルプスホーム1-C
どすごいブログはじめました♪

暮らしの中で・・

幸せって1日を平安な気持ちで暮らせることですよね。
それには、自分への演出も必要です。
今日は、グレーのセーターにチベットビーズのブローチをつけました。
去年、チベット村を訪れた時、チベット族の女性達がストールやブラウスにつけてた
鮮やかなブローチと底抜けに明るい彼らの笑顔が記憶に残っています。
出会った知人に、「ブローチ素敵ね」なんて言われると、嬉しくって
瞬間の幸福が訪れます。
s_IMG_0714

 

 

アジアン・モロッコ・チベット~こだわりの雑貨店~

HARITENA~ハリテナ~
〒443-0042 愛知県蒲郡市御幸町1-16
アルプスホーム1-C
http://haritena.net/

神父様と聖堂

降誕祭の祈祷が終わり、信者が順番に神父様の十字架に接吻。
聖堂は、ドーム型で聖歌隊のハーモニーが美しく響き飾られている
イコンも明治時代からの素晴らしい聖像です。平安な気持ちに還ります。

s_IMG_0701

クリスマスとお正月

ぜんぜん別のものをコラボして、「いい感じ」の世界で遊ぶのが大好きです。
例えば、今HARITENAは、チベット家具にモロッコ雑貨を組み合わせて楽しんでます。
もしかして、間違ってるのかもしれませんが、それでも構わない、
好きなものは好きなんだって、、信じています。
モミの木に、カラス瓜と梅のボンボン・・おめでたいなぁ。
クリスマスとお正月がいっぺんにやってきました。s_CIMG1280

獅ゆずと高嶺ルビー

s_IMG_0577銀座に行くと必ず寄るお店「野の花司」。
獅ゆずと高嶺ルビー(珍しいソバの赤い花)の小鉢を買いました。
獅ゆずは、香りは強くありませんが、邪悪なものを排除するとかで飾り物としても好まれます。
高嶺ルビーは、今頃には満開のはずですが、、、窓辺に置いて赤く咲くのを待つことにしましょう。